facebook page

はじめの一歩の先に

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様こんにちは。

 

この度初めて執筆の機会を頂きました、

新規事業開発部 小林と申します。

日頃よりエス・ピー広告に関わって下さる全ての皆様にこの場をお借りし感謝申し上げます。

 

また、2018年1月現在、入社から1年にも満たない私ではございますが、

日々、恵まれたご縁により、一人では想像すらできなかった、多くの経験をさせて頂いておりますことにも、

心より御礼申し上げます。

 

 

さて今回は私が、心に留め、身につけたいと日々意識している事についてお話させて頂ければと思います。

 

それは、「真似をする」ということです。

如何なる場面においても、何かを知りたい・習得したいと思うとき、まずは「同じことをやってみよう」

というのが第一歩目。簡単なように見えて、なかなか難しいと感じる場面も多々あります。

 

ここでの「真似」には、付随する以下4つの能力が求められると考えています。

 

1. 相手を良く観察し、その人が持つ長所を見つけ、その長所に対しポジティブな感情を持てる

2. 自分自身がその長所を体現できたとして、自分や周りにとって

 どの程度プラスの作用が生じるのかを想像することができる

3. 肩書き・立場関係なく、相手の長所を長所だと認めることにより、

 当人の受け皿を広げ、新しいもの・知らなかったものに対する偏見や固定観念を取り去ることができる

4. 人の優れた点を探し、敬意を払うことで謙虚な姿勢を保つことができる

 

言い換えると、周囲の方たちと接する中で、「自分もこんな風にできたら」という憧れの気持ちを忘れずに、

自分には出来ないこと・知らないことがたくさんあるということを認識し続け、常に視野を広げる努力を

怠らないこと、となるでしょう。

 

 

更に、「真似をする」ことの重要性は、「まなぶ」という言葉の語源からも考察することができます。

「学ぶ(まなぶ)」という言葉の語源・由来として、「語源由来辞典」には以下のような記載があります。

 

◆------------------------------------------------◆

学ぶは、「まねぶ(学ぶ)」と同源で、「まねる(真似る)」とも同じ語源である。

「まなぶ」は、教えを受け、学問をする意味で多く用いられ、

「まねぶ」は「まなぶ」よりも学問をする意味は薄く、模倣する意味で用いられることが多かった。

◆------------------------------------------------◆

 

つまり、広く一般的に物事を覚え習得する(まなぶ)過程において

他者の真似をすること・型通りに模倣することは、欠かすことのできない第一のアクションであると

言い換えることができるのではないでしょうか。

 

にもかかわらず、私はいつからか人様の真似をすることに少なからずの抵抗感を覚えるようになっていた

時期がありました。

 

それは、どんな時でも完全なるオリジナリティや個性を求められてしまうのではないか、というある種の

強迫観念と、自分には果たして誇れるオリジナリティなんてものがあるのだろうか、という悲観的感情から

生み出された思考だったのだと推測されます。

 

 

そんな私に真似ることの大切さと楽しさを教えてくれたのは、私の親戚の子どもたちでした。

4歳と2歳の兄弟で、我が家にしばしば遊びに来てくれます。

 

顔を合わせるたびに、出来ることが増え、それを楽しそうに披露してくれます。

彼らと接していると、新しいことを習得するプロセスが非常によくみてとれます。

食事の際のお箸の持ち方・言葉遣い・体の動かし方などなど、「ごっこ遊び」もいい例かもしれないですが、

とにかく何でも「真似っこ」なのです。

 

■大人と同じお箸を持ちたい

■憧れのバイキンマンと同じセリフを言ってみたい

■母親に普段ダメと言われていることを、自分も他の人に言ってみたい

 

といった調子です。

 

彼らの、「○○したい」「○○みたいになりたい」という欲求が行動となって現れる第一段階は、必ず

「真似」であるように思います。

そしてその「真似」に注がれるエネルギーといったら、目を見張るものがあります。

 

- ○○と同じことがしてみたい

- 何度挑戦してみても、うまく出来ないことばかりで悔しい

- 少しでも思い描く完成形に近づくと楽しい・嬉しい

このまっすぐで無垢な意志が、「なりたい」「やってみたい」を着実に育て、「できる」という成功体験へと

導きます。

 

 

何が足りないのか、何が必要なのかを考え、実行するのはもちろんのこと

私も彼らに倣い、その「真似っこ精神」で日々実践・吸収し、邁進して参る所存ですので、ご指導ご鞭撻のほど

何卒宜しくお願い致します。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

引き続き宜しくお願い致します。

| - | 00:00 |

思いやりの心から

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

今回、初めての執筆をさせていただきます。

人材育成室兼社長秘書 住永と申します。

 

日頃よりお世話になっておりますクライアント様、並びに協力会社様、

この場をお借りして感謝を申し上げます。いつも誠にありがとうございます。

 

 

突然ですが皆様、スポーツ観戦はお好きでしょうか。

私自身あまり見る方ではないのですが、学生の頃に選手だったせいか、バレーボールの試合はとても好きで

特に毎年、年明けすぐに行われる「春の高校バレー」という大会を楽しみに見ています。

 

この大会はバレーボールで全国の高校から勝ち抜いてきた強豪校が集まり、

頂点を決める大会で全日本選手を多く輩出し、テレビ中継もされている野球でいう甲子園のような大会です。

 

実際に大会常連校の練習や合宿に何度か参加させていただいたことがありますが

どの高校の選手も早朝から夜遅くまで毎日、信じられないほどの過酷な練習量

をこなしている方ばかりなので夢の大舞台では今年も笑いあり涙ありの熱い激闘が繰り広げられました。

 

 

もちろん、スポーツですので “勝つ” “負ける” があるのは当たり前です。

ですが、勝つにも負けるにも必ず“理由”があります。

私はバレーボールでミスをした際、必ずといっていい程コーチから言われていた言葉があります。

 

「基本ができていないからミスすんだよ!!!」

 

もちろん技術的な事もありますが、連続失点や流れに押されている時ほど

自分の事でいっぱいいっぱいになり、忘れてしまいがちな事です。

 

 

声を出すのも基本。

周りを見るのも基本。

基本の姿勢を忠実に、次にボールを触る人が

少しでもプレーできやすいように繋げる。

 

これら「基本」は全てチームへの「思いやり」に繋がります。

 

 

しかし、人間は上達すればするほど”慣れ”を感じ

「できる」と過信した心に隙が生まれ小さなミスに繋がります。

 

誰もが同じように厳しい練習を重ね、努力し、高い技術をぶつけ合う中で

いかに基本に忠実に、周りの事を思いやりながら自分のなすべきことをなせるか。

これを上回ったチームが“勝利”を手にするということを私は選手時代に教わりました。

 

 

私は今年度新卒としてエス・ピー広告に入社し

社会人としての基本、エス・ピー広告での基本、

仕事において様々な場面の「基本」を学ばせていただきました。

 

そして学びの中で、やはり全ての基本は相手を思いやる心からくるものだと改めて感じ、

学生と社会人、スポーツと会社でフィールドは違いますが

「基本ができていないからミスをする」の核とした部分を、より理解できた気がします。

 

 

私は社会人としてこれから学んでいくことばかりです。

周りの環境や自分の置かれた状況に焦りを感じ慌てることもたくさんあると思います。

そういったときこそ冷静に。何事も、土台がしっかりしていないとうまくいきません。

「過去に学んだから」ではなく常に基本・基礎を意識できる社会人になれるよう、

これからも邁進してまいります!

 

 

2018年、学生ではなく社会人として見た春高バレーは

例年とは少し違う見方で、新卒の自分と重ねたことで基本の大切さを考える事のできた機会となりました。

拙い文章でしたが、このブログに最後までお付き合いいただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

| - | 00:00 |

一年の経験と成長

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、はじめまして。

この度初の執筆となります。

本社営業部デスクの中島です。

 

日頃より関わりいただいているお客様、協力会社様、

関わる全ての方たちにこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 

 

私がエス・ピー広告に入社してから約十ヶ月、

あと二ヶ月ほどで次の新入社員が入ってくると思うと

この一年はあっと言う間過ぎ去っていったように感じます。

早く一人前になろうと目の前の仕事に必死に取り組んできた一年でしたが、

反面これで成長できたのだろうかと思い悩んだりもしました。

 

しかし自分では指摘されるまで気づかなかったのですが入社当時は苦手だった

電話応対業務が今では仕事の合間でも難なくこなせるくらいには成長出来ておりました。

思い返してみれば始めた当初は電話が鳴る度にびくびくしておりましたが今ではそう感じる

ことがなくなっておりました。

 

 

日々の成長というのはこのようなところで出るのだと

実感できた良い一年でありました。

今年も日々コツコツと努力を重ねて成長していけるよう

精進して参ります。

 

最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

| - | 00:00 |

出会い

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。

東京本社営業部の大仁田と申します。

今回初めてブログの執筆をさせて頂きます。

 

日頃よりエス・ピー広告に関わって下さるクライアント様、協力会社様、全ての皆様に

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

誠にありがとうございます。

 

 

早いもので2017年の新卒として入社してから、後数ヶ月で1年が経とうとしております。

社会人として、人間として1日、1日学ぶことが多く、日々進化、成長させて頂いております。

 

丁度1年前、私はまだ就活を続けておりました。

苦渋の決断の末続けることに致しましたが、自分の決断は正しかったのかと不安と恐怖に苛まれる日々。

そんな中、エス・ピー広告の名前を見つけたのは大学の就職掲示板だったと記憶しております。

 

私は大学ではメディアを専攻していることもありエス・ピー広告に興味を持ったのですが、

何よりも惹かれたのは理念でした。

もしかしたら一目惚れだったかもしれません。

「関わる全ての人を幸せにする経営。」、「絶対的な忠誠と強烈な努力」

どれもが他の企業とは一線を画すワードでした。

「この会社で働いてみたい、挑戦してみたい」と迷わずエントリーしたところ、

喜ばしいことにご縁があり、ギリギリではありましたが2017年の新卒10番目として受け入れて頂きました。

 

 

その喜びからもうすぐ1年。

毎日我武者羅に取り組んでいましたが、もう2018年の新卒が入社する時期となりました。

自分が1つ先輩というのは不思議ではありますが、変に意識して身構えないようにしたいと思います。

関わる全ての人を幸せにする為に自分には何が出来るか、

後輩を幸せにする為にどんな指導をすれば良いかをしっかりと考え、実行し、時には悩み、

絶対に関わる人を幸せにするという確固たる自信のもと行動して参ります。

そして後輩と共に高め合いながらエス・ピー広告を若い力で盛り上げたいと思います。

 

2018年新卒の皆様、ようこそエス・ピー広告へ!

共にこれから切磋琢磨して参りましょう。

4月にお会いできるのが待ち遠しいです!

 

弊社だけではなくクライアント様、協力会社様の皆様にとっても4月が良き出会いになりますよう

願っております。

 

 

最後までお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。

これからも日々精進、強烈に努力して参りますので、

今後とも何卒宜しくお願い致します。

| - | 00:00 |

最高のエンターテイナーを目指して

エス・ピー広告ブログをご覧の皆様、こんにちは。ご無沙汰しております。

企画開発部 羽生です。羽生結弦選手と同じ、はにゅうです。

日頃よりお世話になっておりますクライアント様、協力会社様に、この場をお借りして厚く

御礼申し上げます。いつも誠にありがとうございます。

 

 

弊社スポーツエンターテインメント事業部(以下S.P.E)では、先日1月14日(日)、

弊社顧問 長州力氏プロデュースのプロレス興行、「POWER HALL 2018 〜SET BACK THE CLOCK〜」を、

かのプロレスの聖地 後楽園ホールにて開催致しました。

 

当日は満員御礼、立ち見のお客様も出るほどの大盛況のうちに幕を閉じました。

ご来場、ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございます。

 

POWER HALL 2018
全試合結果はこちら!
http://sp-enter.com/result/detail.php?id=50

 

 

こちらの興行には、私もスタッフとして参加させていただきました。

S.P.E事業は、2016年9月より発足致しました事業でございますが、一見広告事業とは異なるように思われ

がちで、お客様とお話ししておりますと、「そんなこともやってるんですね」と驚かれたりも致します。

ですが、特に弊社の主要クライアント様であるパチンコホール様のお仕事をさせていただいていると、

とても密接に繋がっていることを感じます。

 

 

エンターテインメント、すなわち「誰かを楽しませる」ということ。

それは、生命活動という意味での“生きる”ことには、なくてもいいものかもしれません。

しかしそれが、より充実し、幸せを感じる大きな要因となります。そのために働いているという方も、

少なくはないのではないでしょうか。

 

我々広告人は、演者自身ではなく裏方ではございますが、楽しませることとは、誰かの人生をより幸せに

することなのだと思うと、それをお仕事として携わらせていただいている毎日に、私自身充実と誇らしさを

禁じ得ません。

そこに対価を頂戴しておりますプロとして、自身が最高のエンターテイナーとなるべく、その名に恥じぬよう

引き続き邁進して参ります。

 

エス・ピー広告では、広告事業の他、上記S.P.E事業、EC事業、飲食事業、キャラクターライセンス事業と、

あらゆる事業の拡大を図っておりますが、すべては「関わる全ての人を幸せにすること」に結び付いており、

ひいてはあらゆる方面から、ホール様業界の発展に寄与させていただく一つの足掛かりとして、全事業部

一丸となって強烈に努力している次第です。

 

 

現在弊社では、年末年始の余韻に浸る間もなく、既にたくさんのお仕事を受注させていただいており、

誠にありがとうございます。

本年も、機先を制し関わる全ての皆様を幸せにすべく、絶対的な忠誠を誓い、強烈に努力して参りますので、

何卒宜しくお願い申し上げます。

| - | 00:00 |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
RECENT POSTS
代表 鈴木裕之の記事
ARCHIVES
PROFILE
SPロゴ

エス・ピー広告の内部を解き明かす
社員ブログ。

エス・ピー広告とは
どのような会社なのか。
経営陣から新入社員まで幅広く
エス・ピー広告の魅力や
日々の思いを発信して行きます。
基本的に毎週火・金曜日更新。

©S.P.advertising Co.,Ltd.