facebook page

ハッピーハロウィン!

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。

東京本社クリエイティブ統括部の久我です。

 

日頃よりお世話になっておりますクライアント様、並びに協力会社様に、

この場をお借りして感謝を申し上げます。いつも誠にありがとうございます。

 

 

本日10月31日は日本でもすっかり恒例の行事となりましたハロウィンです。

弊社でもクライアント様のハロウィン装飾など作らせていただいております。

こういった皆で楽しめる行事が増えるのは個人的にも楽しいですし、企業としても

とても嬉しく有難いことだと思います。

 

大勢の方が仮装して街を練り歩くといった光景を近年ではよく見られると思いますが、

皆様はハロウィンが元々どういうものかご存知でしょうか?

せっかくの機会なので、調べてみました。

 

 

ハロウィンとは元々ケルト人にとっての10月31日の夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりを

意味しています。またその時期には有害な魔女や精霊が現れ、それらから身を守る為に魔除けの

焚き火を焚いていたのが始まりだそうです。

これにちなんで近代ではカボチャをくり抜いたジャックオーランタンなどを飾っているそうです。

形は変われど、皆が楽しく幸せに過ごす為のお祭りというのは素晴らしいことだと思います。

 

 

ハロウィンで悪いものを吹き飛ばし、クライアント様、協力会社の皆様、またエス・ピー広告に

関わる全ての方々が幸せを願っております。

 

 

最後までお目通しいただき、誠にありがとうございました。

今後ともエス・ピー広告を宜しくお願い申し上げます。

ハッピーハロウィン!!

 

| - | 00:00 |

決断の決め手は…

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。

福岡営業所 クリエイティブ統括部の中西です。

 

日頃よりお世話になっておりますクライアント様、並びに協力会社様に、

この場をお借りして感謝を申し上げます。いつも誠にありがとうございます。

 

 

私事ではありますが、最近大きな買い物をする事が多く、販売員の方から接客を受ける

機会が増えております。

顧客である自分としましては、自分の求める理想により近いモノを求めたり、自分の

予算に見合ったモノを求めたりと様々な観点から購入する商品を品定めして決めますよね?

 

そのチェックポイントのひとつとして、『接客』はとても大切な要素です。

同じような商品や、全く違った魅力のある商品で迷ってしまった時、売り手の方の接客で

どちらにするか決定する事も多いと思います。

 

 

私は最終的な判断を下すのに『接客』は非常に大きなポイントになっております。

と言いますのも、どちらかひとつを選択する際に

「どちらと関わった方がより幸せになれるのか。」ということを考えるとやはり気持ちの良い

対応をしてくれた方を選びたくなってしまいます。

 

 

立場が逆になった時に、お客様が気持ち良く選んで頂けるモノをご用意出来てるのか、幸せに

なって頂けるか、私たちクリエイティブはお客様との直接的な接点が少ない分、より相手の

立場に立ち仕事をする事の大切さを改めて実感させて頂きました。

 

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます。

今後とも宜しくお願い致します。

| - | 00:00 |

時間の感覚

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。

福岡営業所クリエイティブ統括部の池田です。

 

日頃より関わりを頂いているクライアント様、並びに協力会社様、

すべての皆様にこの場をお借りして感謝を申し上げます。

 

 

さて、ついにブログの執筆も5度目となりました。

最近は月日の経過がさらに早く感じられ、気づけば2017年もあと2カ月になりました。

エス・ピー広告に入社して3年目、本当に月日が経つのは早いものです…。

 

………どうして月日が経つことが日に日に早く感じられるのでしょうか?

 

聞けばほとんどの人が年を取れば取るほど時間の経過が早く感じると答えます。

しかし、理由を具体的に知る人は、あまりいないように感じます。

 

気になります。調べてみました。

__________

 

 

フランスの哲学者 ポール・ジャネが発表した「ジャネーの法則」を踏まえた

現段階での最も有力な説によると、時間の感覚は、脳が処理する情報の量、

いわば新鮮な体験の量によって決まるそうです。

 

そのため、目に入るものすべてが新鮮に感じられる若い時代は、

時間の経過が遅く感じられるのです。

歳を重ねるごとに日々の生活が当たり前になり、

驚くことなどが減っていき、時間の経過が早く感じられます。

 

では、時間の感覚を長くするにはどうすればよいのか。

一言で言えば新鮮な体験の量を増やせばいいのです。

具体例として次の5つが有効だそうです。

 

 

1.学び続ける

学び続けることで、常に新しい情報を自分の中に取り入れ、

新鮮な状態を保つことができます。

 

2.新しい場所に行く

新しい環境を体験し、肌で感じることで、脳の活動を活発化させます。

これを定期的に行うことで時間の流れもゆっくりと感じられるようになります。

無理をして海外や旅行をせずとも、

いままで行ったことのなかったお店に入ってみるなどでも効果はあるそうです。

 

3.新しい人と会う

話をしたことのない人、関わることのなかった人、他人とのコミュニケーションを

とることは、脳にとって大量のエネルギーを必要とします。

その人を理解しようとするとなおさらです。

新しい人に出会うことは、脳を刺激する一番の方法だと思います。

 

4.新しいことを始めてみる

新しいことをはじめ、活動の幅を広げると、いままで気にしなかったことに注意を

向けられるようになったり、さまざまなジャンルのことに敏感になったりします。

五感が研ぎ澄まされ、脳は情報処理を活発に行います。

 

5.自発的になる

自ら動き、行動することで、受動的に動いたと時とは比べものにならないほどの

情報を脳に送ることができます。

__________

 

 

調べてみると、自分の成長に直結するものばかりです。

時間の感覚を長めるためにしている人は少ないにしても、

意識して行うことができている人もいらっしゃる内容かと思います。

 

最近時間が経つのがさらに早くなったな、と感じた人は、

もしかすると脳への刺激が少なくなっているのかもしれません。

新しいことに挑戦するときは何かとエネルギーが必要になりますが、

脳のためにも、停滞せず、常に挑戦していきたいものです。

 

弊社のキーワードの一つでもある「ライフプラン」の中にもこの内容を組み込み、

人生をもっと豊かにし、体感で長い時間を過ごしていけたらと思います。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

これからも何卒宜しくお願い致します。

| - | 00:00 |

ライフプランのすすめ

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。

人材育成室の上島です。

 

お客様、協力会社様、そして関わりいただいております全ての皆様、

エス・ピー広告を生かしていただき、誠にありがとうございます。

この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

 

 

前回、「反復」「継続」「定着」により新しいスキルを獲得し

自分を成長させるという内容を書かせていただきました。

 

しかし、成長する前提として大事な要素があります。

それは、「目的」と「目標」です。

 

何を得たくて、成長するのかという事です。

やはり成長のためのコストと得られるものが釣り合わなくては

本気で取り組めませんよね。

 

 

当社では、何の為にエス・ピー広告で働くのかという事を

大事にしていますので、多くのスタッフがライフプランを立てています。

 

ちなみに、当社のライフプランは死ぬまでに幾らお金が必要かを計算し、

人生の目的を設定し、逆算して現時点の目標を考えるものです。

ぼんやりと幸せになりたいと思うのではなく、「時間」「お金」「締切」を

具体的な数字にして未来を設計します。

 

《参照》http://blog.livedoor.jp/sp_k_blog/archives/51575698.html

 

私の場合、長期プランを年に1回は見直し、

近い未来のプランをより詳細に設計し直し調整しています。


 

私たちは日々生きていく中で、無数の選択をしているわけですが、

ライフプランを立てると、人生の目的や長期的な目標が決待っているので、

あまり悩まずに多くの選択ができる点がメリットだと感じています。

 

つまり、時間とお金を計画的にコントロールできる部分が増えるので、

効率良く使えます。

そして、特に有効なのはチャンスを逃さない事だと考えます。

未来に向け準備して待つことができるので、機先を制することができるのです。

 

もちろんライフプランを立ててもうまくいかないことは

ありますが、自分の人生を自分の意志で築き上げている実感があれば、

どんな結果になろうと納得できるのではないでしょうか。

 

 

「漫然と迎える未来」には孤独で貧困な人生が待ち受け、

「主体的に築く未来」には自由で創造的な人生がある

 

上記は「WORK SHIFT」「LIFE SHIFT」の著者であるリンダ・グラットン教授の言葉です。

 

私は主体的に未来を築き自由で創造的な人生を歩みます。

みんさんはどうでしょうか?

 

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

それではまた次回。よろしくお願いいたします。

 

 

※【リンダ・グラットン教授】ロンドンビジネススクール マネジメント実践 教授。

2017年9月安倍内閣下で実施された「人生100年時代構想会議」の有識者議員の一人

(首相官邸ホームページより)

| - | 00:00 |

日々刺激を受けて

ブログをご覧の皆様こんにちは。

福岡営業所営業部の刈間と申します。

 

本年2度目のブログ掲載の機会を得まして、今回は私が所属しております

福岡営業所につきまして、書かせていただきたいと思います。

 

 

現在、福岡営業所には営業が2名、デザイナーが9名、営業デスクが1名

の計12名が所属しており、その内、今期新入社員が2名となります。

 

その新入社員の2人も、早いもので入社より約半年が経ち、「エス・ピー広告の

一員」として、日々確実に”進化成長”を遂げております。

 

そうした2人を見て、私を含めた営業所の社員全員がお互いに刺激を受け、

良い相乗効果が生まれていると実感している日々です。

 

私は今年で38歳になりましたが、時々自分が社会に出たときの事を思い返す

ようにしており、「初心忘れるべからず」の精神を持ち続けるよう意識しております。

 

 

皆様は、自分が新入社員だった時の事を覚えておりますでしょうか?

 

「期待」「不安」「夢」「目標」「情熱」等など様々な気持ちがあったとは

思います。

 

そして、そうした気持ちを持ち続ける事は簡単ではないのかもしれませんが、

とても大切な事だと新入社員の2人を見て、改めて強く感じるこの頃です。

 

ある程度、年月が経ち、経験を重ねると”慣れ”と”自信”がついてくるものだと

思いますが、この”慣れ”と”自信”というものは、なかなか曲者でして、行き過ぎると

自分自身の成長や、新しい発想を生み出す妨げになると私は考えております。

 

だからこそ「営業とはこうあるべきだ」等、固定観念を持って仕事をしないように心がけ、

新入社員の2人にも接するよう意識しております。

 

もちろんクライアント様の収益を最大化する事が、広告代理店としての存在価値であるという

原理原則は不変ですが、そこに至るアプローチには決まりはないはずです。

 

ですから、時代に合わせた柔軟性や新たな発想が少しでも生まれるようにしていく為にも、

新入社員の存在は大いに刺激となり、また勉強になっています。

 

 

そのような環境が自然と生まれる職場がエス・ピー広告であり、福岡営業所から発信していき

たいというのが、現在の私の目標の一つでもあります。

 

だからこそ、常に刺激を与えて下さるクライアント様、協力会社様、そしてエス・ピー広告の

仲間の皆様には感謝の気持ちで一杯です。

 

この場をお借りして、「いつもありがとうございます」と声を大にして御礼申し上げ、ブログの

締めとさせていただきます。

| - | 08:45 |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT POSTS
代表 鈴木裕之の記事
ARCHIVES
PROFILE
SPロゴ

エス・ピー広告の内部を解き明かす
社員ブログ。

エス・ピー広告とは
どのような会社なのか。
経営陣から新入社員まで幅広く
エス・ピー広告の魅力や
日々の思いを発信して行きます。
基本的に毎週火・金曜日更新。

©S.P.advertising Co.,Ltd.