facebook page

ミッキーマウスの生みの親は、ウォルト・ディズニーさんではない?!

エス・ピー広告のブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今年2回目のブログになります、浅川です。

 

クライアント様、協力会社様をはじめ、エス・ピー広告に関わる、全ての皆様、

引き続き、エス・ピー広告の理念である「関わる全ての人を幸せにする経営。」を達成する為、

「絶対的な忠誠」と「強烈な努力」で邁進いたします。

今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》に行きました。

 ※日本科学未来館で9.24まで開催

 

結論、人の心を掴み、ブームを創り巻き起こしているディズニーは、

綿密なマーケティングと、緻密な計算、

組織をもって、一切の妥協することなく、

無いなら思考をもって新しく創り上げ、夢を、希望を、理想をとことん追求した結果、

今に至っているのだと感じました。

 

私は、ウォルト・ディズニーさんに対する意識が変わりました。

今まで知らな過ぎたとも言えますが、

ウォルト・ディズニーさんは、ミッキーマウスを単に生み出したのではなく、

「まだ、誰も見たことのない、最高の漫画映画を作る」という決意から、

関わる人を魅了し、多くの天才を生み出し、天才を魅了しその力をミックスアップし、

自ら前に進み進化成長し続け、新しい技術を生み出し続けてきた、スーパー経営者なのだと感じました。

 

 

学ばせて頂いた事の一部を下記に記させて頂きます。

 

●0から1にする、無いモノを創り上げることを、当たり前に実施する。

※1から100にすることも重要だと思っております。

 

・1937年に三次元をアニメーションで表現

高さ3.6mあるマルチプレーンカメラ

アニメ―ション撮影用の特殊カメラで、背景を複数枚のガラスに分けて、

 

それぞれの要素を異なった距離に配置してカメラ撮影することで、三次元的な奥行きを表現する。

 

 

●「現実をもとにして空想的なことをするには、まず現実を知らなくてはならない。」

 ウォルト・ディズニーさんの言葉です。

 

・バンビでは、2頭の子ジカが実際に連れてこられ、アニメータの方々は実際の動きを見ながら

スケッチ、カメラを持ち込み実際の動きを撮影。

 

・南米を題材にした映画では取材旅行に出向く。

 

・ズートピアでは様々な動物の観察を行いリアルな毛並みを表現する。

 

 

●良いものは良い、受け入れる、取り入れる

 

・1942年公開 バンビ

コンセプト・アート(映画全体の視覚的なスタイル、キャラクターのルックスや性格などを

開発するために描かれるイメージ画)は、

東洋絵画のような神秘的な色遣いをするタイラス・ウォンさんが中心となって作られていた。

 

・1961年公開 101匹わんちゃん

ディズニー・ウォルトさんと共にアニメーション製作会社を設立した(後にディズニー・スタジオとなる)、

アブ・アイワークスさんによって開発された、ゼロックス(コピー)を導入。

 

 

●「私にとっては、こういう素晴らしい組織を作れたことが何よりの報いだ。」

 ウォルト・ディズニーさんの言葉です。

 

・1つの作品で描くのは数百枚にも及ぶ

コンセプトアート、ストーリースケッチ、キャラクター・モデルシート、カラー・スクリプト、ラフ原画、

原画、カラー・キー、背景画、マケット(立体の模型)、と一つの作品で多くのアニメーターさんが、描くのです。

それも、一つのキャラクターを何人もの方が、おそらく何枚も・・・。

描くこと以外にも、ストーリー、演出、撮影、音楽、現像、と組織なくして成しえない、

組織力のたまものだと感じました。

 

 

最後に、タイトルの説明です。

1928年公開 蒸気船ウィリー

「トーキー」映像と音が連動する、サウンドトラック方式を採用した初めてのアニメーション映画です。

蒸気船ウィリーは、アブ・アイワークスさんがアニメーターとしてミッキーマウスを担当されていた、

ミッキーマウスのルックスを決め、そしていくつもの作品を手掛けたことで

「ミッキーマウスの生みの親」と呼ばれることもあるようです。

 

 

ウォルト・ディズニーさん一人だけではなく、関わる人々によって今なお多くの人々を魅了し、

そして現在も組織で継承、継続、発展し続けているのがディズニーという会社なのだと感じました。

 

 

学ばせて頂いた通り、新しいモノを創造し、現実を知り、良いモノは取り入れ、

エス・ピー広告の組織の一人として、自立し、英知を尽くして、関わる全ての人を幸せにする経営を

強烈な努力で目指してまいります。

 

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

今後とも、引き続き何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

引用

●ディズニーアニメーション 生命を吹き込む魔法 ― The Illusion of Life ― 大型本

●ディズニーアート展 《いのちを吹き込む魔法》

| - | 00:00 |

プロレスラーの生き様に学ぶ

クライアントの皆様、日頃から弊社と関わって下さる全ての方々に改めまして御礼申し上げます。

静岡営業所の営業部 久保田です。

いつも本当にありがとうございます。今後とも何卒宜しくお願い致します。

 

 

約1年半前に執筆(http://blog.sp-k.co.jp/?eid=222)させて頂きました通り、

私はスポーツ選手や著名人で最も好きな人物は、格闘家のミルコ・クロコップ選手でして、

エス・ピー広告に入社する以前はプロレスに関して疎く、興味も知識もさほどありませんでした。

 

プロレスラーと言われて印象に残っているのは、2006年の『PRIDE無差別級トーナメント』決勝で

ミルコ選手の対戦相手であったジョシュ・バーネット選手くらいなものでした。

ジョシュ選手の卓越した寝技スキルと、あばら骨と顔面を負傷しても、優勝を目指して戦い抜いたガッツには

今でも敬服しております。

 

ただジョシュ選手は多数の総合格闘技団体で王者となっている超一流の格闘家であり、

どちらかと言えば「プロレスもできる総合格闘家」と言えます。

 

 

しかしながら、私はエス・ピー広告に入り、

プロレスラーの方々も尊敬の眼差しで見る事が出来るようになりました。

というのも、格闘技においては、

 

「自分は打たれずに、相手を打ちのめして勝つ」

「対戦相手は敵で、潰す対象に過ぎない」

 

といいますが、プロレスラーの方々は

 

「相手の技を受けきり、相手にも完全燃焼させながらも、

それを上回る実力を魅せつけて勝つ」

「対戦相手も素晴らしいイベントを作り出すためのパートナー」

 

と考える事を心がけていらっしゃるからです。

 

 

これは、弊社代表・鈴木を始め、エス・ピー広告に在籍する社員の皆様にも

共通して言える考え方と思います。

 

「駄目だから切り捨てる」のではなく、

「どうすれば相手の全力を引き出せるか、全力で相手と向き合い

皆でフォローし合い、チーム一丸となって大願を成就させる」

 

エス・ピー広告は、そのようなことが出来る素晴らしい仲間に恵まれている会社であると考えています。

私も日々、そんな素晴らしい仲間の皆様から勉強させて頂いております。

誠に有難う御座います。

 

 

そして、当社におきましてはスポーツエンターテインメント事業と致しまして、

プロレスの自社興行を継続しております。

 

本年度は英国のハイジ・カトリーナ選手(http://sp-enter.com/management/m01.php

との年間契約を締結し、プロレス興行、イベントへの参加を企画しております。

 

皆様もご興味がおありでしたら、ぜひ一度、

「最高のスタッフによる、最高の戦士たちの、最高の競演」

を生で体感してみては如何でしょうか。

 

次回は7月4日(火)に「FIGHTING GIG DNA EP.34〜Starting Over〜」

と題し後楽園ホールにて開催予定、

さらに次々回は7月19日(水)に「TOKYO CARNIVAL 2017」と題し

新宿FACEにて開催予定です。

(詳細はこちらをご覧ください。http://sp-enter.com/event/

 

 

私も引き続き、関わってくださる皆様に感謝し、

クライアント様のため、エス・ピー広告のため、

 

「少ない時間で大きく稼げ、自分に厳しく他者に優しい

インテリジェントでクリエーティビティーな人材」

 

への加速的進化成長を全身全霊をもって実践してまいります。

皆様にも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

| - | 00:26 |

インテリジェントでクリエイティビティ

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。
営業部の堀切です。
二度目の執筆をさせて頂きます。

 

この場をお借り致しまして、

日頃より弊社と関わってくださる全ての方々に感謝申し上げます。

 

 

さて、先日私は、国立新美術館で開催されております、

草間彌生 わが永遠の魂 展へ行ってまいりました。

 

草間彌生と言えば、4月20日にオープンした

GINZA SIXともコラボレーションをしており、

現在期間限定で作品の展示がされております。

 

GINZA SIXの展示をはじめ、

“草間彌生“ときくと、

カボチャ・ドット柄・明るい色使い・ポップな感じ等のイメージを持たれる方が

多いのではないでしょうか。

 

私も展示を見るまでは、そのようなイメージを持っておりました。

もちろん、作品は明るい色使いのものが多く、

会場も華やかでしたが、今まで持っていた“草間彌生”の

わたしの中でのイメージは180度変わりました。

 

さて、この草間彌生展ですが、先日来場者数が40万人を突破したそうです。

展示会場には、親子連れや、お年寄り、若い女の子

老若男女問わず様々な世代の方がいました。

 

昨年、人気を博した「君の名は。」等、

大勢の人々が引き込まれるものには、必ず何か惹きつける理由があります。

機先を制し、新なアイディアを生み出す為には、

ヒットするものもそうでないものあるかと思いますが、多くの物事に触れ

その理由を様々な視点から観察すること、自分の糧とすることが重要であると考えます。

 

「インテリジェントでクリエイティビティな人材」となるため、

自分の経験と知識を増やし、クライアント様のお役に立てるよう、

日々邁進してまいります。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

引き続き、何卒よろしくお願い致します。

| - | 00:00 |

健康であること

エス・ピー広告のブログをご覧の皆様、こんにちは。
営業部デスク 澤です。

 

日頃よりエス・ピー広告に関わって下さるすべての皆様に
この場をお借りして感謝申し上げます。
いつも誠にありがとうございます。

 


前回執筆させていただいたときには、一年間を振り返らせていただきました。
今回は、最近始めたことについて書かせていただきます。

 

先日、「健康とは何か。」と考えさせられる出来事がありました。
栄養バランスの整った食事
良質な睡眠
適度な運動
他にもあるとは思いますが、
まずはこの三つを継続的に行うことが健康的であると私は考えました。

 

この三つの中で、唯一私の中で引っ掛かったのが
の適度な運動
でした。

 


私は、3歳から高校3年の約15年間水泳をやっていたので、
身体を動かすことが当たり前の生活をしていました。
しかし、今は主に社内でパソコンに向かってのデスクワークを行っており、
身体を動かすといったことはほぼありません。

 

これでは、ダメだ。と自分で判断し、
「FEELCYCLE」というバイクエクササイズに通い始めました。
「FEELCYCLE」とは有酸素運動と筋トレの両方の要素を持ち、
かつ自転車と異なりノンストップで集中して運動を続けられるというものです。
インストラクターの方がいて、共に汗を流す仲間がいて
音楽に合わせながら、バイクを漕ぎ、時には色んな動作を加えながら
楽しく身体を動かすことができます。

 

私が想像していたよりはるかにきつく、汗の量は尋常じゃありません。
しかし、全力で楽しみ、自分の限界にチャレンジし、
また限界を超えたときに今までとは違った達成感を感じることができております。

 


働いている中で、同じことが言える状況があるのではないかと私は考えます。
つらい時こそ楽しむことを意識し、笑顔でいること。
自分で限界を作ることなく、常に進化成長し続けることで
新たな自分を見出すことができると考えます。

 

前回も書かせていただきましたが、
エス・ピー広告には、尊敬できる素晴らしい先輩社員の方ばかりです。
これからも日々学ばせていただきながら、
健康第一に、現状に満足することなく邁進してまいります。

 


最後までブログをお読みいただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

| - | 00:00 |

5月の体調管理

エス・ピー広告ブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。営業部の田中です。
クライアント様、協力会社様、家族をはじめ、当社に関わって頂いている全ての
皆様に心より御礼を申し上げます。

 


さてブログをご覧の皆様、5月のGWはどのように過ごされたでしょうか?
世間ではこのGW明けよりある言葉を耳にすることが多くなります。


通称「五月病」と呼ばれ「抑うつ」「無気力「不安感」「焦り」などが特徴的で
自覚症状としては「不眠」「疲労感」「食欲不振」「やる気が出ない」「人との関わりを避ける」などがあるようです。

そこで今回は「今春に生活環境が大きく変化した人々、主に新入社員の皆様」に向けて、長野の奥からはるばる、
大阪に5年・東京に10年と渡り歩いてきた私が「五月病対策」を医学的見地を元に僭越ながら伝授したいと思います。

 


まず、五月病の対策方法は大きく分けて「睡眠」「食事」「休息・休憩」「コミュニケーション」の4つになります。

 

「睡眠」
心と身体の回復に重要な役割を果たすのが「睡眠」です。初めてづくしの環境で緊張し、眠れない事もあるとは思います。
ですがまずは「睡眠」をしっかり取りましょう。そして質を上げます。
「起床/就寝の生活リズムを整える」「夕食は就寝2時間前、入浴は1時間前迄」「寝る前にテレビやパソコンを見ない」
などの生活習慣を身につけることで身体と精神が「睡眠」だけでも、整えられます。

 

「食事」
新入社員の皆様、ちゃんと食事は摂れていますか?新しい環境ですとなかなか食事に出られなかったり、

サッと済ませる為に偏った食生活になりがちです。

そうなると身体のホルモンバランスが崩れ、精神的にも参ってしまします。
それを防ぐ為に食事はバランスよくしっかり摂りましょう。ちなみに「五月病」に効果的な食材は、
必須アミノ酸「トリプトファン」を多く含む、大豆製品・バナナ・卵・乳製品がお薦めです。

 

「休息・休憩」
新入社員の皆様にとって「休息・休憩」を取ることはちょっと心苦しいかもしれませんね?
私も通ってきた道なので気持ちは痛い程分かります。しかし「休息・休憩」は決して悪いことではありません。
むしろ「休息・休憩」取らない事の方で作業効率が落ち、ミスやトラブルの原因になる事があります。
仕事の区切りや緊張で身体が強張ってしまった時などはちょっと一息つきましょう。オフィスを歩いたり
身体を軽く動かすだけでも精神的に全然違いますよ。

 

「コミュニケーション」
皆様、きちんとオフィスでいろんな人と話せていますか?新しい環境だとなかなか難しい問題だと思います。
しかし私の経験上、皆様安心してください。実は周りの人達の方が新入社員の皆様と

「コミュニケーション」を取りたいんです。
生物学的に哺乳類の習性として、自分より若い個体に哺乳類は必ず興味を持ちます。ましてそれが人間で、
同じオフィスで働く仲間だとなおさら好意的に接してくれます。

 


以上のことを踏まえて「五月病対策」としてはいかがでしょうか。
これからの未来を支える新入社員の皆様まずは心も身体も健康でいましょう。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

| - | 10:58 |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECENT POSTS
代表 鈴木裕之の記事
ARCHIVES
PROFILE
SPロゴ

エス・ピー広告の内部を解き明かす
社員ブログ。

エス・ピー広告とは
どのような会社なのか。
経営陣から新入社員まで幅広く
エス・ピー広告の魅力や
日々の思いを発信して行きます。
基本的に毎週火・金曜日更新。

©S.P.advertising Co.,Ltd.